fc2ブログ

恋空と携帯小説

ある女性が自分の体験をもとに小説を書き、携帯小説として投稿したのが始まりだそうです。
恋空は活字離れの進む中学生や高校生にもうけがよく、恋空の書籍版も飛ぶように売れ、一部品切れになるという状態にまでなっているようです。
恋空をはじめとする携帯小説は今とてもはやっているようです。
恋空のように自分の体験談を小説にして有名になる機会をまってみるのもおもしろいかもしれませんね。
本はあまり読まなくなった中学生や高校生でも携帯でメールすることにはとても慣れているので、恋空が携帯小説という形で姿を現し、爆発的な人気になったのも納得がいきます。
その携帯小説が話題を呼び、書籍化、映画化となったようです。
今まで小説といえば、書籍というイメージがありましたが、恋空は紙になる前に携帯サイトでまず小説を発信するという新しい発信方法です。

恋空は携帯小説から始まりましたが、これが意味するものはもう一つあります。
それは中高生など活字離れしている子供たちが小説を読みやすいだけではなく、恋空の作者のように全く無名の人が小説家として脚光を浴びる可能性がでてきたということなのです。
小説家を目指す人がまずは自分の作品を恋空のように携帯小説のサイトに載せ、徐々に人気を集め書籍化というシンデレラストーリーを目指すというのもありということのようです。
人の人生はそれぞれ。
なぜそんなに恋空のような携帯小説がはやっているのでしょうか。
スポンサーサイト



Comment

管理者にだけメッセージを送る

スポンサーリンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
スポンサーリンク1
スポンサーリンク
ブログランキング
RSSフィード
リンク
ブログ内検索